ヅカ初心者の雑記

宝塚歌劇団にハマりかけの干物女による雑記

二次オタが宝塚で舞台化してほしい作品を真剣に妄想する

こんにちは、のきやでです。
今日は「二次オタが宝塚で舞台化してほしい作品を真剣に妄想する」と題して、「宝塚で舞台化しやすいコンテンツって何?」という部分まで考えていきたいと思います。
一部過去に上演した作品についても触れていますが、何か間違った記述があればコメントにてご指摘くださるとうれしいです!

過去に宝塚で舞台化した二次元コンテンツたち

逆転裁判

履修していないので何とも言えないんですが、あまり見た目が華やかなコンテンツというイメージはないため宝塚で舞台化と聞いたときも不思議だな~と思いました。当時中学生だったんですが逆転裁判にハマっている知り合いは男の子のほうが多かったので、そこも疑問に感じたポイントでした。
これ3回も宝塚で舞台化してるってマジ……?となっています。

銀河英雄伝説

30代~40代の女オタクが履修していがちな作品という印象(?)の銀英伝。近年再アニメ化したり2.5次元サイドで再舞台化したりと活発な動きをしており、若年層オタクも増えています。

戦国BASARA

BARASA自体は腐女子・夢女子人気ともに高いものの恋愛要素がほぼ皆無な作品なので、宝塚で上演するのはそれはそれで難しそう……と、思っていたらオリジナルキャラクターの投下。こちらは以前WOWOWかBSかなんかで放送されたものを見たことがあります。
微妙に思う部分は多々ありましたが幸村を主人公に据えたこと(=政宗を主人公にしてオリキャラと絡ませたりしたらそれこそ暴動が起きますので……)は正解だったのかな、という印象です。

ベルサイユのばら

言わずと知れた「漫画原作のタカラヅカ作品」の金字塔的存在ですよね。原作に軸を寄せたオスカル編だけでなく、オリジナルの展開を含めた外伝作品も多数上演されています。
トップ娘役がマリー・アントワネットをやることが多いため、トップスター(主にオスカル?)と結ばれないことが特徴的に思えます。

ポーの一族

萩尾望都大先生の代表作。これもトップ娘役の扱いに困りそうな作品ですが、実際には仙名さんはシーラを演じていましたね。女性の出番が少なそうという点に目をつむれば、あの耽美な世界観はまさしく宝塚向けだと思います!
スカステで最近はじめて拝見したとき、明日海さんエドガーのはまり具合がものすごくて驚きました。

そのほかの作品

他にも少女漫画でいうと、

があります。

上記に挙げたものや少女漫画以外だと、

も舞台化されています。

宝塚で舞台化する作品の特徴について

まず、「少女漫画作品」は古いものから比較的新しいものまで、現代・ファンタジー等ジャンルを問わず舞台化されています。少女漫画にはなんだかんだと言っても「かっこいい男」「恋愛」のふたつが揃っているため、宝塚歌劇の作品としてはもってこいでしょう。

ジャンプ掲載のバリバリ少年漫画であるものの、『るろ剣』も上述の要素を持ち合わせています。今度雪組でやる『CITY HUNTER』も超~~~~~広い目で見たらどちらも含んでいると言えるような……(?)

しかし『逆転裁判』『戦国BASARA』なんかが舞台化されている点を見ると、恋愛要素は絶対条件ではないと考えてよいのではないでしょうか。原作に恋愛要素がなくても、あとから「ふんわり差し込む程度の余地」がある作品であれば、宝塚で舞台化される希望が持てるということです(適当)
逆にこの「余地」がない作品とは何かというと、人気絶頂でファンが過激である(特定のコンビやキャラクターの人気が高すぎて、改変が大変危険な)コンテンツ全般です。

さて、上記を踏まえつつ、独断と偏見しかない「宝塚で舞台化してほしい作品」について語っていきたいと思います~!

宝塚で舞台化してほしい作品

BLACK BLOOD BROTHERS

f:id:nokiyade:20210330230015j:plain
https://fantasiabunko.jp/product/2005blkbs/200805000130.html より引用

赤い帽子の男性(吸血鬼)×中央女性(OL)+金髪ショタ(吸血鬼)のライトノベルです。恋愛あり、かっこいい男あり、しかも吸血鬼ものと舞台化にいい感じの要素が揃っていると思います……!!!!
老若男女、キャラが大量にいるのである程度スターさんに寄せることができますし、男女の登場バランスがちょうどよいです。
カサンドラは絶対に男役が演じてほしい

『異国館ダンディ』

金持ちの孤独な腹黒イケメン×元気いっぱい義理の妹という少女漫画です。こちらも恋愛とかっこいい男を揃えていて、義理の兄妹という萌え要素つき。登場キャラの幅はやや狭めであるものの、原作が7巻完結(で寄り道してる短編も多め)なので、一本物としてちょうどいい長さになりそうな気がします。
柚香光さんがまんますぎるのでほんと演じてほしい

スカーレット・ウィザード

宇宙一の海賊×巨大財閥の総帥で宇宙一の戦闘機乗り、戦闘民族×戦闘民族のバチバチSFライトノベルです。
やるなら男役が女性側を演じることになると思います、二人ともゴリゴリという設定なので……!!
トップ娘役はジンジャーかダイアナになるため、『ベルばら』に近い形式になりそう。戦闘機やら宇宙船やらどうするのって話ですが、BASARAや銀英伝ができたならまあ何とかなるだろうという精神です(?)
同作者の『デルフィニア戦記』が近年2.5次元舞台化しましたから期待したいところ。

血界戦線

jumpsq.shueisha.co.jp
去年マーベラス2.5次元舞台化していましたが、宝塚でもやってほしい作品です!!!!!ただ、トップスターをレオナルドに据えるのは無理がありすぎるため、やるならスティーブンを主人公にスピンオフとかそういう形かな……。その場合、くっつけはしなくてもチェインをトップ娘役にさせて見せ場も作れますし。
世界観がオシャレでキャラクターも多彩、結構いいと思うんですがどうでしょうか(!?)

ヤマトナデシコ七変化

以前亀梨君とか手越君とかでドラマ化もしていた少女漫画作品。
孤独なヤンキー×根暗少女の組み合わせは王道ですが、宝塚の手にかかればきゅんきゅんな作品に仕上がること間違いなしなので(??)
イケメン4人衆もそれぞれタイプが異なるので、スターさんにあてはめやすいと思います!友人枠としてほかの娘役さんも出しやすそう。

まとめ

こういう妄想をしていると一日があっという間に過ぎていくなと思いました(?)
気が向いたら第二弾もやりたいです!